忍者ブログ
リトルバスターズSSサイトです。 50000hit!!ありがとうございます!! 管理者メールアドレスmaio7749@yahoo.co.jp
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ん?」

まだ日も昇らない時間。
僕の携帯にメールが届く。
タイトルは「バトルランキング最終結果発表!!」。
そこには・・・

一位  バトルランキング王者    直枝理樹

「・・・やった!!」

僕は飛び上がって喜んだ。
ついにランキングの頂点にたったんだ・・・!!
あの圧倒的に強かった斉藤すらも倒して、僕は名実共に最強の名を手に入れた。
なんというか・・・嬉しい以外の言葉が出てこない。

「・・・あれ?」

そこで僕はあるものに気付く。
ランキングの下にこんな一文が・・・

「まだバトルは終わらない。全員放課後に校庭集合」



__________________勇壮なる戦い 前編_____________________



僕が校庭に姿をあらわすと大量の野次馬がすでに集まっていた。
その中心にはリトルバスターズのみんな。

「おう、理樹」
「真人。これは何の騒ぎ?」
「わからねえ。俺たちは恭介に集められただけだからな・・・」

みんなもわからないようだ。

「まあ、恭介氏がまた何か面白いことを始めるということだろうな」
「わふー!!それは楽しみですっ!!」
「皆さんノリノリですね・・・」
「とか言いつつみおちんもソワソワしてるじゃん!!」
「・・・何でも来い」
「鈴ちゃん気合十分だね~」
「といっても肝心の恭介がまだいないぞ?」

謙吾がその疑問を口にした瞬間。


『ちゃ~んちゃちゃ~んちゃちゃちゃちゃちゃちゃ~ん』


校内放送から謎の音楽が・・・
次の瞬間、野次馬たちから歓声が上がる!!

歓声の先にいるのは・・・もちろん恭介。
こちらに向かって悠然と歩いてくる。

「・・・繰り返す。何度でも繰り返す。また新しいバトルが始まる」


・・・・・・
なんという無駄にこった演出を・・・
わけがわからず、みんなポカーンとしている。
それを見た恭介は

「お前らもっと反応しろよっ!!「よっしゃあ!!」とか「やってやるぜ!!」とか「マーーーーーン!!」とかよ!?」
「マーーーーーーン!!」
「ありがとう・・・謙吾」
「いやそれは置いといて・・・正直何をするのかがわからないんだけど」


そう。
僕らは何をやるのかの説明もうけていない。
それで恭介のテンションについていけというのが無理な話だ。

「バトルってメールに書いてあっただろ?」
「いや、それはわかるが。わざわざ全員で集まる必要はあるまい」
「新しいランキングの開会式を行うということですか?」

その質問に恭介は首を振る。

「そうじゃない。もっと新しいバトルさ」
「何だよ!!もったいぶらないで教えろよっ」
「ふっ・・・。これだっ!!」

恭介が合図を送ると・・・
屋上から巨大な垂れ幕が!!


第一回!!ロイヤルティー!?ロイヤルストレートフラッシュ!?いやいや違う!!その答えは・・・
ガコンッ!!


垂れ幕が地面に到達。
タイトル長すぎ・・・


「というわけだ」
「いやいやいや!!肝心なところがまったく出てないから!?」
「いや、あの下は「CMの後で」としか書かれていない」
「どこのクイズ番組さっ!?」

全力でツッコミをいれる。
みんなも僕と同じ気持ちみたいだ。
ツッコミたくてウズウズしてる。(真人はオギオギだけど)

「俺を甘く見るな。タイトルが長すぎるのは計算済みだ。それを見越して二枚目を用意してある」

タイトルを短くすることは考えなかったのだろうか・・・
僕が呆れていると二枚目の垂れ幕がおろされる。
・・・誰がやってるんだろう・・・あれ。
そして二枚目の垂れ幕に書かれていたのは


バトルロイヤルINリトルバスターズ!!


一枚目いらないよね・・・?


「ばとるろいやる?ですかー?」
「ああ。ルールはランキングの時とほぼ同じ。違うのは1対1じゃなく、10人入り乱れて優勝が決まるまで戦うってところだ」
「きょーすけ。チームを組んだりしてもいいのか?」
「当然アリだ。ただし優勝者は1人だからな。チームといっても信用できない。どう裏切るかが重要になってくる」
「なるほど、面白そうだ。優勝すると何かあるのか?」
「さすが謙吾。それが一番重要だ。今回の優勝者はなんと・・・」
「なんと・・・?」

僕らは固唾をのんで恭介の言葉を待つ。
そして恭介の口から出された言葉は・・・

「理樹を好きにしていい」

・・・・・・・・は?
それは一体どういう意味・・・?
僕はみんなのほうを振り返る。
そこには・・・血に飢えた獣のように目を光らせるみんなの姿があった!!

「フハハハハハハハ!!その権利はいただくぞ!!そしてそのあとは・・・はあはあ・・・」
「いくら姉御でもこれはゆずれないデスヨ~!!」
「直枝さんを好きに・・・あんなことやこんなことを・・・ブツブツ」
「ほわあ!!みおちゃんが壊れた~。でも私もがんばるよっ!!」
「わふー!!もちべーしょんあっぷなのですっ!!」
「ふかーーーーー!!」
「理樹!!俺にまかせろ!!お前にもジャンバーを着させてやろう」
「謙吾・・・理樹のネジは抜けさせねえぜ!!」

ジャンバーを着るとネジがぬけるのだろうか・・・?
って今はそれどころじゃない!!

「いやいやいや!!ちょっと待ってよ!!おかしいでしょ!?第一僕が勝っても何もメリットないじゃん!!」
「それもそうだな・・・じゃあ理樹が勝ったら俺を好きにしていいぜ」
「!!・・・直枝×棗。棗×直枝・・・私には選べませんっ!!」
「大丈夫か・・・。西園?」

謙吾に心配されてる・・・
それにしても恭介を好きにするか・・・。
それはなんだか魅力的だ。
思えば僕はいつも恭介にいじられてきたし・・・たまには立場を逆転してみたい。
確かにリスクは大きいけど・・・僕はチャンピオンなんだ。
勝てばいいだけの話だ・・・

「わかったよ、恭介。何をされるのか楽しみにしてて」
「ふっ、俺に勝つつもりか?」
「つもりじゃなくて勝つんだよ」

ニヤリと不敵に笑う僕。

「黒理樹×恭介さん・・・「恭介・・・好きだよ」「やめろよ。恥ずかしいだろ・・・」「恭介の恥ずかしがった顔が見たいんだよ・・・もっと見せて」・・・悔いはありません・・・」
「そこ、さっきから暴走しすぎ」
「・・・はっ!!・・・失礼しました」

西園さんは何とか理性を取り戻したらしい。
それを確認した後、恭介は野次馬たちに声をかける

「よし!お前ら、じゃんじゃん武器を投げ込めっ!!」

その合図と同時にさまざまな武器が飛び交う。
僕たち男子は無作為に武器を選び。
女子のみんなはしっかりと武器を見定めて決めていた。

僕は・・・       ウニ!!
鈴は・・・       猫12匹!!
恭介は・・・      電動歯ブラシ!!
小毬さんは・・・    ノート!!
真人は・・・      ダンベル!?
来ヶ谷さんは・・・   レプリカムネノリ!!
西園さんは・・・    メガランチャー!!
葉留佳さんは・・・   ビー玉!!
クドは・・・      ヴェルカ&ストレルカ!!
謙吾は・・・      竹刀!?

ウニか・・・まずまずだ。
だけどみんな相当にいい武器だ・・・中でも謙吾に竹刀とは。
鬼に金棒にもほどがある。

「宮沢に竹刀ってずるくねえ?」
「そーだ、そーだ!!」

野次馬から謙吾に抗議の声が・・・

「とってしまったんだ。仕方ないだろう・・・」
「お前らうるさいぞ。ルールはルールだ」

恭介が一喝する。
それで全員鎮まったようだ。

「へっ、そうでなけりゃ面白くねえ・・・」

真人はさっきよりもやる気がでたようだ。
やはりベストな謙吾と闘いたいのだろう。

「さすが真人だな。しかし・・・何だその武器は?」
「へ?ダンベルだろ?」
「いや、そうだろうが・・・そんなのあったか?」

確かにダンベルなんていう武器は見たことがない。
誰が投げ込んだんだ?

「はっはっは!!それは僕が投げた武器だよ」
「お前は・・・マッド鈴木!!」

西園さんにNYP武器を与えた科学部部隊。
その部長であるマッド鈴木がその場で名乗り出た。

「で、マッド鈴木が何で真人に、ダンベルを?」
「ふ・・・我々は幸運だ。西園君だけでなく、井ノ原君のような逸材にも出会うことができるとはね」
「へ?俺にもNYPが使えるのか?」
「いや、君にNYPは使えないが・・・君にはNYK(なんだかよくわからない筋肉)を扱う才能がある。そのサイバー武器、マッドダンベルで宮沢や棗と戦うんだ!!」
「おお!!なんかわからねえが、かっこいいな!!」

つまり・・・
真人にも強力なバックアップがついたということだ。
ただでさえ強敵なのに・・・さらにパワーアップとは。

「ふっ、こいつはさらに燃える展開になっちまったな」

口ではそういいながら恭介は余裕の笑みを浮かべる。
謙吾の竹刀も真人のダンベルもまるで問題にしていないようだ。
・・・くそっ!!僕だってそのくらいで怖がったりしない!!



「さて・・・みんな!!準備はいいか!?」

恭介の掛け声にみんなが頷く。

「よし!!バトルスタートだ!!」



~BATTLE START!!~



早速、鈴が真人に仕掛ける!!

「いいのか?このMVP武器をもった俺と戦って?」
「ふん、NPO武器がなんだっていうんだ」

2人共激しく間違っているが放っておく。

「いけっ!!お前ら!!」
「にゃああああ!!」

真人に12匹の猫が飛びかかる!!
統制のとれた動きで真人を襲う猫たち。

「ぐあっ!!・・・今度はこっちの番だ!!」

真人は激しくダンベルを上下させる!!
物凄いスピードだ。

「やべえ!!すげえ、手にフィットする感覚だ!!」
「いいぞ!井ノ原君!!」

真人の上腕二頭筋が鍛えられた!!

「がんばれっ!!」
「にゃあー!!」

猫が襲いかかる!!真人にダメージ!!

「くそっ・・・だが今度はこっちからいくぞ!!」
「さすがだ!!井ノ原君!!」

真人の上腕三頭筋が鍛えられた!!





「ってこれ攻撃できねえじゃねえかああああああああああ!?」
「そうだ!!井ノ原君!!」

あ。
僕はバトルランキングのルールを思い出す。
武器は本来の使用方法で使うこと・・・


「これは・・・なんと言うか哀れですね・・・」
「まだうなぎパイとかのほうがマシだった気がするよ~」
「うなぎパイも本来の使い方じゃない気がするけどね・・・」

そこで鈴がピタッと攻撃をやめる。
踵を返して僕たちの方に戻ってきた。

「どうしたの?鈴?」
「なんか可哀想になってきた・・・これ以上はいじめだ・・・」
「うん、そうだね・・・」
「鈴!!まだ勝負はついてねえぞおおおお!!」
「どうした!?井ノ原君!!」

叫びながらダンベルを上下させ続ける真人。
それしか行動を許されないとは・・・

・・・あれ、なんで僕泣いてるんだろう。
周りを見るとみんなや野次馬も涙を流していた。
みんなで真人に憐みの目を向ける・・・

「うおおおおおお!!なんだその目はあああああああああああああ!?」



井ノ原真人    戦力外決定

____________________________
あー、まずはスイマセン・・・

ドタバタコメディ書こうと思ったら・・・何だこれ?

暴走しすぎました・・・みおちん暴走しました。

最近部活が忙しくて、ネタはあるんだけど文章化できない~。

一応運動部ですからね・・・



そして真人はやはりこんな役

次回作もよんでください!!


感想いただけると嬉しいです!!

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
筋肉がうなる!
面白かったです!
NYKっていいですね。
「NYKか・・・俺にもまだよくわからない筋肉があるんだな。やっぱり筋肉は奥が深いぜ!!」
とか言いそうな真人が大好きです。

小毬やクド辺りはダンベルの上下運動を見るだけで、案外ダメージ受けてくれるかもしれません。
・・・他のメンバーには絶対通じないと思いますが。
ナッツ 2007/10/08(Mon)20:52: 編集
Re:筋肉がうなる!
コメントありがとうございます!!
NYK、ちょっと暴走しすぎかと思いましたが構わずいれました・・・

真人の筋肉のもつオーラで相手を攻撃!!・・・いいかも。
ただ男性陣と来ヶ谷には全くきかなそうですね・・・

ぜひ中編や後編も読んでください!!
【2007/10/09 02:12】
何でだろう…涙がとまらねぇ…
 真人…お前って奴は……(涙
 REIです。
 早速バトルランキングSS「勇壮なる戦い」を読みましたので感想いきますー。

 いやはや、まさかのバトルロイヤル。アイディアの勝利ですね♪
>どう裏切るかが重要になってくる
 この一文でひぐロワ(ひぐらしのなく頃にの二次創作ゲーム)を思い出してしまいましたw
 あれですか。裏切るコマンドを選ぶと命中&クリティカル率100%になったりするんでしょーか?

 戦利品が理樹となると、みんなが目の色変えるのも納得ですw
 それぞれ得意武器を選んでいるあたり、ホント本気ですねー。
 ってか、

真人 ダンベル

 って、素で違和感なく「ああ、真人もちゃんと得意武器になってる」とか思っちゃったじゃないですかー!
 そして「すげぇ! 一体どんなパワーが!?」と思わせておいて結局戦力外とは…。
 真人…期待を裏切らない子…!

 個人的には、「鬼に金棒謙吾は誰に敗れるか」、「葉留佳は誰と組もうとしてどんな自爆をするか」、「理樹はうにでどうやって戦っていくか」が気になるところ。
 では、続き楽しみにしています~♪
REI URL 2007/10/08(Mon)21:14: 編集
Re:何でだろう…涙がとまらねぇ…
REIさんコメントありがとうございます!!
「裏切る」は使いどころが難しそうです・・・というかこのメンバーだとあまりそういうことができなさそう・・・
理樹はホント人気ですよね~。ジェラシー!!
そして真人・・・今回はいけるのでは!?と思わせといてこの有様・・・でもそれも等しく筋肉さ・・・

中編・後編も是非読んでください!!
【2007/10/09 02:16】
Dear真人
真人が……(T_T)
でも、そんな所がたまりません!筋肉ゥ!! あと、本文の中に『バトルロイヤル』とありましたが、『バトルロワイヤル』の間違いじゃあ?
メガミッション 2007/12/19(Wed)17:30: 編集
Re:Dear真人
こんにちは!はじめまして~。返信遅れて申し訳ないです!!

コメントありがとうございます!!
何と真人はその後…いや、やめておきましょう…

ちなみに「バトルロワイヤル」という映画のタイトルがありますが、どっちでもいいらしいです~。
【2007/12/23 20:23】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/18 将軍]
[03/12 willaburhp]
[03/12 reavematte]
[03/12 markieferr]
[05/24 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
管理
忍者ブログ [PR]